音楽は心の支え

bootleg中心の覚書メモです

2022-04-15 カルメン・マキ 古希ライブ

カルメン・マキ

会場

クラブチッタ(川崎)
2022年4月15日 18:30~22:20
カルメン・マキ 古希ライヴ~生かしておいてくださってありがとう~

 

セットリスト

【第一部】
・Falcon(Guitar,Effects)/伊藤志宏(Piano)/丹波博幸(A Guitar,E Guitar)
 河合徹三(Bass)/上原"ユカリ"裕(Drums)/中村 哲(Sax,Pianica,その他)
 清水一登(Piano,Keyboards,その他)

01.オープニングムービー
02.戦争は知らない
03.時には母のない子のように
04.悲しくてやりきれない
05.I Don't Want To Talk About It(Danny Whitten)
06.テネシーワルツ
07.夢の後
08.それはスポットライトではない(浅川マキ)
09.MC
10.デラシネ
11.ビデオメッセージ
12.A Bird and A flower
13.望みのない恋~
14.~波の音
15.白い月(萩原朔太郎
16.懐かしのわが家(寺山修司
17.世界の果ての旅

【第二部】
カルメン・マキ 山本恭司(Guitar,Vocals) スペシャル・ユニット
カルメン・マキ&OZ 
 春日hachi博文(Guitar)/川上シゲ(Bass)
 武田"chappy"治(Drums)/厚見玲衣(Keyboards)

18.山本恭司-Monn Chile (King Crimzon)
19.山本恭司-I Love You More Than You'll Ever Know (Donny Hathaway)
20.山本恭司-MC
21.山本恭司-EVEの夜(NOIZ)
22.山本恭司-祈り
23.山本恭司-Lilly was gone with Windowpane
24.ビデオメッセージ
25.MC
26.六月の詩
27.タンジェ
28.閉ざされた町
29.Understand (Blues Creation)
30.私は風
31.メンバー/スタッフ紹介
32.謝辞

Note

カルメンマキの古希ライヴ「~生かしておいてくださってありがとう~」に参加しました。
会場のクラブチッタ川崎は606席という小さな会場で、両PAが45度の位置に見えるL列15というほぼ中心の好座席でした。
外はあいにくの雨ですが、この会場に影響はありません。
第1部は、ギタリストのFalcon、丹波博幸によるバンド編成です。

カルメン・マキ I Don't Want To Talk About It - YouTube

25分の休憩をはさんだ第2部は、カルメンマキ、山本恭司、厚見玲衣のスペシャルユニットで、なんとCrimsonのMoon Childから始まりました。
続いてDonny Hathawayの「I Love You More Than You'll Ever Know」という渋い選曲です。3曲目の前に山本恭司の楽しいMCがありました。
山本恭司が初めて見たのは1977年のOZ解散コンサートなので正真正銘のカルメン77です。
おやじギャグですね。やわらかく少し女性的なアクションは健在でした。
一転、NOIZの「EVEの夜」でハードなギターを聞かせてくれた後、ギター音のギミックで空襲警報のサイレン、爆撃機のプロペラ音、そして平穏な時へ、
そんな情景を表現。2分弱の演奏ですが考えさせられる内容です。
私は「祈り」とタイトル付けしました。最後はLilly was gone with Windowpane。この楽曲は奏者によって変化する多様な表情を持つ楽曲です。

カルメンマキ、山本恭司、厚見玲衣 - YouTube

そしてOZです。この時点でコンサートが始まって2時間半です。それでも衰えない声量はすさまじいものがあります。
会場の片隅に小さなマキの部屋テーブルをおいて、そこには赤ワイン。曲間に適宜休憩もいれて、そこでMCをしたり楽しい雰囲気でした。
「私は風」の間奏でも休憩していましたが、戻るタイミングが遅れて、春日さんのマイクで歌を奪い取り、歌唱を再開したりなどのハプニングも楽しいものです。

コンサートは全長で3時間半。帰りの電車に焦った人もいたでしょう。演奏の合間には共演した仲間たちからのビデオのお祝いメッセージが流され、マキさんの声が詰まってしまうシーンもありました。

 

ライブドキュメントの作成手順

はじめに

音楽を演っていると自分や友人のライブを録音する機会が結構あります。本記事はそんな時にどうするか、の備忘メモです。

※録音が禁止された会場での録音行為をお勧めするものではありません。

録音

録音機材

ICレコーダーを使用しています。メインとサブの2機種です。機材トラブルに備えるのと、録音レベルを変えて可能な限り音割れのない録音を行うためです。サブ機は録音レベルを低く抑えめに設定しています。

メイン機

SONY PCM-A10 + 内蔵マイク

ハイレゾ対応リニアPCMレコーダーです。

サブ機

SANYO ICR-PS004M+外付けマイク(Panasonic RP-VC200)

ICR-PS004Mは発売当時(2009年)、世界最小のSDカード対応リニアPCMレコーダーでした。RP-VC200はワンポイントステレオマイクです。


メモ機

本当のメモ用途ですがiPhoneのボイスメモも起動しています。iPhoneXSを使用しています。このボイスメモはリミッターが効くので大音量でも派手な音割れ無しに記録できます。

機材の収納方法

PCM-A10は主にバッグに入れ、マイクあたりをバックのファスナーから顔を出させるイメージです。マイクには黒い風防をかぶせるので傍から見ても、それが何かはわかりません。

ICR-PS004Mはジャケットの内ポケットに収め、マイクは前合わせに装着します。ケーブルはジャケットの内側です。

録音の開始

大体、開演1時間前には会場周辺に到着していますので、喫茶店などで機材の再確認と録音の開始を行います。

PCM-A10、ICR-PS004M共に記録容量は16GBあり、PCM16bit44.1KHzで21時間の録音が可能ですので、開演1時間前から録音しっぱなしにしてしまいます。

こうしておけば、楽屋での打ち合わせ中の会話なども自然な感じで録音できる利点があります。

編集

編集ソフトウェアとしてSoundEngineを使用しています。非常に多機能なソフトウェアでまだまだ使いこなせていませんが、このようなソフトを提供していただいている方々に感謝です。

前後のカット

前後の不要な部分をカットします。SoundEngineでは、範囲選択してカットする方法とマーク付けしてファイルを分割する方法があります。私は前者の範囲選択してカットを行い、いったんべつめいほぞんします、その際にはファイル名の先頭に"Trim_"を付加して、前後カットしたファイルであることがわかるようにしています。このようにファイル操作を行ったタイミングで別名保存をおこなっていくことで、編集に失敗した場合でも後戻りができるように工夫しています。

音量の調節

音割れを嫌って、録音レベルを下げると小さな音の録音になってしまいます。これを聞きやすい音量に調整する作業です。

私はオートマキシマイズ機能を使ってボリュームの変更を行っています。

オートマキシマイズ機能は音量をdBで指定するのでわかりにくいのですが、プリセットが何種類か準備されているので、適当なものを選んで試してみます。最終的な音量の決定は波形の範囲と実際に聞いてみた感じで決定します。

波形としては、上記のような波形を目標に音量調節します。0dBを超えたら即音割れというわけではないので、もっと上げることは可能ですが、あまり攻め過ぎないように調整しています。

また、波形だけではなく、右端にあるレベルメータの白線(聴感)の動きにも着目します。

この白線が12~16のあたりで踊る感じに調整します。

音量の調整が済んだら、ここでも別名保存を行います。この時ファイル名の先頭に"VOL_"を付加します。この時点でファイル名は、"VOL_Trim_元のファイル名.WAV"のような名前になっています。

音質の調整

ライブ録音は音がこもりがちです、これはPAなどのスピーカーとマイクが正対していない、距離が遠いなどで指向性の強い高音域の記録が不十分になるため(と想像)です。

また、会場内を反響する低音域が回り込んできて高音と低音のバランスが崩れているのだと思います(と想像)。

音質の調整は、1ポイントイコライザーで高域や低域の強調を行います。

低域を抑えたい場合は、プリセットのベース強調を選択後、レベルをマイナス方向に調整します。周波数を変更することで変化させたい音域を変えられますが、どの周波数をいじるか?は難しいところです。

音質に関しては低音、高音をいじる程度です。音質修正後はファイル名の先頭に"EQ_"7を付けて別名保存します。

"EQ_VOL_Trim_元のファイル名.WAV"といったところでしょうか。

曲の分割

分割位置にマークを付ける

曲の分割は簡単です。SoundEngineで再生させ、曲の先頭となる部分を探します。このあたりの操作は、SoundEngineをいじってみればわかってきます。曲の先頭が見つかったら(この時再生は停止状態)、時間ゲージの上でマウスを右クリックし、「再生位置にマークを追加」を選択します。

すると、その時間ゲージに▼マークがつきます。

▼マークがついたら、マウスでその▼を右クリックし「マークのゼロクロス」を選択します。後はこれの繰り返しです。

ゼロクロスを行うと、曲分割時に「ぷつっ」という音が入らなくなります。

分割の実行

全ての分割位置にマークがつかられると以下のようになります。

タイムゲージの上で右クリックし、「マークで分割保存」を選択します。

ファイル名欄に「NewFile.wav」と表示されています。このまま実行すると、NewFile_nnという形でnnの番号付けされ、マークされた位置でファイルが分割生成されます。

 

2021-11-13 カルメン・マキ&OZ Zepp haneda

f:id:oto-man:20211114233258p:plain


最高の夜でした。本当にありがとう。
今回で再結成4年目の公演です。
1回目は友人のAUD音、2回目は参戦、三回目はライブ配信で視聴しましたが、
今回はバンドの最高の状態だったと思います。
まぁ、待ちに待った空へを唄っていただいた贔屓の気持ちも入っていますが。

 

会場

会場は羽田空港に隣接するZep Haneda。

f:id:oto-man:20211120235036p:plain

「空へ」の披露にうってつけの会場です。

f:id:oto-man:20211120235952j:plain

会場のキャパは椅子席で1階888席。2階319席です。だからステージが近い!

チケット

料金は高めの1万5千円です。

f:id:oto-man:20211120233354p:plain

今回のチケットは電子チケットで発券はありませんでした。スマホ画面に表示させて係員の前で指で丸を書くと使用済みになるというものです。
記念にはなりませんねぇ。

f:id:oto-man:20211120232944p:plain


座席は記載の通りC列。前から3列目でした。

f:id:oto-man:20211120233827j:plain

ステージ

f:id:oto-man:20211120234020j:plain

正面左手が春日さんの立ち位置です。右手がシゲさんと右奥が玲衣さんです。

f:id:oto-man:20211120234134p:plain

HIWATのヘッドアンプが2台、Marshallが1台。スピーカーは3台とレスリースピーカーです。電源はHIWAT1台とレスリースピーカーが入っていました。マイクもスピーカー1台に設置してあるだけだったので、他のはバックアップ用でしょうか。

 

セットリスト

01.Introduction
02.六月の詩
03.午前1時のスケッチ
04.Image song
05.EVEの夜(NOIZ)
06.タンジェ
07.閉ざされた町

~休憩~
08.南海航路 ~ギブソンのアコースティック(1930年代)
09.振り子のない時計 ~ストラト(オールド1)
10.きのう酒場で見た女 ~ウクレレ
11.夜の虹(カルメン・マキ) ~ストラト(オールド2)
12.カルメン・タイフーン2021
13.火の鳥
14.26の時 ~ストラト(ミントグリーン)
15.昔
16.空へ
17.メンバー紹介
18.私は風
19.LOST LOVE

PA

会場の音質はとにかく爆音でした。私個人としては爆音過ぎて聞き辛かったです。
耳が痛く頭の中が振動するほどの爆音で、ロビーに逃げようと思ったくらいです。
他の方はどうだったんでしょうか。
あと、PAのオペレーションが気になりました。MCで上げた音量のまま曲が始まり、歌いだしたところであわてて音量を下げるようなシーンが何回かありました。
リハで確認してほしいものです。
それと、南海航路でベースのハウリングのようなもので春日さんが演奏を止めました。
ということで、会場のPAに関しては△です。
ですが、ライブ配信の音声は問題なし。
MCのボリュームの件はそのままですが、各楽器、マキさんの歌共に最高のバランスで分離も良く、このままライブアルバムにしてもらいたいほどです。唯一、ドラムの音の深みが足りない感じでした。ライブ配信PAは◎です。
素人が偉そうなことを言ってしまいましたが、率直な感想です。

■春日さんのギター

何といっても春日さんが良かったです。
アレンジし過ぎず、オリジナル尊重度を高めた感じです。
過去3回はインプロ過ぎと感じました。
私のような古いファンは、アルバムを聞きこんでいるのでアルバムのギターソロが耳にしみついています。
メロディー、スピード感、ニュアンスすべてが重要な部分になっているのです。
ところが、インプロが過ぎると、ギタリストの指癖の行ったり来たりのようになってしまいます。そんな感想です。
これって、リッチー・ブラックモアさんやジミー・ペイジさんも同じですけど。
アルバム通り弾いてくれぇ~って叫びたくなることが多々あります。
今回は、叫ぶほどではなく、こんなアレンジも合うね。みたいな感じを受けました。
さらに、今回は表現へのこだわりを感じました。なんとギターを6本も持ち替えての演奏です。
再結成当初から持ち替えていたSGを軸に、曲に合わせて5本を持ち替えるこだわりようです。
まずは、「南海航路」で使用したギブソンのアコースティック。なんと90年前のものを借り受けたそうです。

f:id:oto-man:20211121002514p:plain

そして、「振り子のない時計」で登場したクリームのストラト。昔から使っていたやつでしょうか。

f:id:oto-man:20211114233523j:plain

あめ色になったヘッド、ボディもクリーム色がブラウンに変化しつつあるといったオールド感のかっこいいやつです。
右腕が当たる部分はそのブラウンが進行しておらずクリームの地が出ています。肌身は出さず使い込んできたという感じいっぱいのギターです。サウンドは緩いオーバードライブとフランジャーで枯れた良い音です。
やっぱり、春日さんにはストラトが似合うなぁって思いました。
そして一転して「きのう酒場で見た女」ではウクレレです。

f:id:oto-man:20211114233525j:plain

マキさん曰く、春日さんがウクレレを弾きたいから演ることになった。と。
春日さんは大否定でしたが、そこへ厚見玲衣さんが、いや、今回最後だから僕が演りたい。ってことに。
そこへ、春日さんの突っ込み。えぇ~、最後って、もう少しOZやってよ(笑)。いえいえ、最終日の意味ですけど、引退になっちゃいますね。なんて楽しい会話もありました。

そして次の曲、夜の虹(カルメン・マキ)ではまたストラトに持ち替えです。

f:id:oto-man:20211114233527j:plain

一見、ヘッドの飴色具合やボディの色合いから前のストラトかと思いきや、ボディの右腕が当たる部分もいい具合に変色が進んでいるのです。2本のオールドストラトを持ち込んだようです。スペアなのか鳴りのこだわりなのか、今回の意気込みを感じます。そして最後のギターは「26の時」で使用したミントグリーンのストラトです。

f:id:oto-man:20211121002226p:plain

これもオールドなのかな。どんなこだわりでチョイスしているのか聞いてみたいものです。


■マキさん

高域の発声をうまくコントロールして、迫力のヴォーカルを聞かせてくれました。ホントすごい人です。
そして、今回ステージ間近で拝見しましたが、すごくきれいな方だなぁ。って改めて思いました。
NHKロックフェスティバルの映像イメージが頭の中にあるのですが、そこからきれいに年を経るとこうなるんだなぁって。


■バンドの一体感

マキさんが私は風の間奏から歌に入るタイミングを間違えて、早く「あ~私を抱いて・・・」としてしまったときにすかさず、玲衣さんは「ちゅっちゅっちゅ・・」と追従。さすがだよね。そこからの立て直しもある前提で合わせてきたのです。気づいたマキさんは、シャウトを挟んで、次のタイミングで入ってきたのですが、春日さんが真剣な目つきでマキさんの挙動を追っているんです。次にずれても合わせるぞ。という目つきです。
プロだなぁって思いましたよ。途切れることなく演奏は継続したのでした。
真剣な目つきと言えばチャッピーさんです。常に前をしっかりとみています。その目つきかっこいいです。
マキさんと春日さんの挙動を見ているのでしょう。シゲさんのアドリブの時はそっちに注力ですかね。
厚見玲衣さんの方は見ることないですね、信頼の絆ですか。
玲衣さんのダンシングしながらのキーボードプレイもホントかっこいいですね。見ているだけでノリが伝わってきます。

カルメン・タイフーン2021

曲紹介もなく始まったインスト曲です。今回限りのセッションかもしれませんし、どんどん進化していって、アルバム収録されるかもしれません。
カルメン・タイフーンというタイトルは、1976年がんねムーンビーチの野外コンサートで披露されたインスト曲からいただいて私が勝手に命名しました。
ストリングスから始まり徐々に盛り上げて、ハードなドライブとなる曲です。途中シゲのソロが入ります。エフェクターでベース音と連動したストリングスを奏でるなど、ベース1本で多彩な表現をしています。
そしてハードなアンサンブル~しっとりストリングスとつないで、そのまま「火の鳥」が始まります。
いやぁ、素晴らしいつながりです。もうここで鳥肌。「火の鳥」は昨年から演奏されています。ドラマチックな曲ですね。


f:id:oto-man:20211121004857j:plain